最新動向/市場予測

電子カルテデータがもたらす製薬企業のビジネス変革

大規模な電子カルテデータの活用機会と活用のあり方

外部環境の変化に伴い、製薬企業は従来の生活習慣病などのマス疾患からアンメットメディカルニーズの高い疾患へのシフトやコスト効率化を迫られている。本稿では、大規模な電子カルテデータの活用が現実味を帯びる中、既存データベースの課題に触れ、電子カルテデータの活用機会と有効活用の鍵について論じる。

関連コンテンツ

電子カルテデータの活用機会と活用のあり方

医療費抑制策の進展、ブロックバスターの減少、生活習慣病領域のアンメットメディカルニーズ(UMNs)の充足等に伴い、製薬企業はUMNsの高い疾患領域へのシフトや全社的なコスト効率性の向上など複数の変革を迫られている。新たな市場を特定し当該市場で成功を収めるためには、詳細な病態・治療情報を有する大規模な電子カルテデータの入手が必要不可欠であると考えられる。本稿では、大規模な電子カルテデータの活用が現実味を帯びる中、既存データベース(DB)の課題に触れ、電子カルテDBの活用機会と有効活用の鍵について論じる。 

(601KB,PDF)
お役に立ちましたか?