最新動向/市場予測

オーファンビジネスにおけるマーケティングモデル

製薬企業に求められる役割や営業・マーケティング活動のあるべき姿について

希少疾患における特徴を踏まえた、製薬企業に求められる役割や営業・マーケティング活動のあるべき姿とは?

関連コンテンツ

オーファンビジネスにおけるマーケティングモデル

希少疾患では、初期症状による受診から確定診断までに十数年かかるケースも少なくない。オーファンビジネスにおいては、製薬企業は薬剤の開発・安定供給のみではなく、一日でも早い確定診断、投薬開始による患者の重症化防止も使命として欲しい。そのために、MRには患者・症例ベースの情報提供を行い、製剤に合わせた営業・マーケティング活動をデザインすることが求められる。本稿では、オーファンビジネスの特徴と成功要因、また、求められるMRの役割と実際の活動や課題、それを通じて見えてくる製薬企業が取り組むべき潜在的な課題について分析したい。

 

※本レポートは2013年8月発表当時の資料となります。

(487KB,PDF)
お役に立ちましたか?