最新動向/市場予測

製薬企業から医療機関等への資金提供情報の開示

グローバルトレンドと開示情報の活用可能性

透明性ガイドラインに基づく開示情報の分析結果、および日本企業にも影響を与え得る米国Sunshine Actをはじめとする海外での資金提供情報開示のトレンドについて述べるとともに、開示情報の活用可能性について論じる。

関連コンテンツ

製薬企業から医療機関等への資金提供情報の開示

日本製薬工業協会が定めた「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」(2011年1月19日策定、2013年3月21日改訂、以下「透明性ガイドライン」という)に基づき、製薬企業等は、医療機関等への資金提供に関する情報の開示が求められている。開示初年度となる2012年度の開示は、2013年10月15日現在、日本製薬工業協会加盟70社のうち、大手・中堅企業を中心に64社の開示が出揃った。開示情報を分析すると、各社の研究開発活動及び販売促進活動の状況や、開示への各社の対応の違いが見えてくる。また、米国においてもSunshine Actの導入により類似の情報開示が要求され、日本企業にも影響する可能性があるため、これについても注視すべきである。 

(392KB,PDF)
お役に立ちましたか?