サービス

アナリティクスサービス

人工知能といった最新技術を用いた、ビッグデータの活用方針を策定し、医療・健康分野の経営高度化を実現します。

AI、ビックデータ、聞いたことはあるものの・・・

近年、人工知能などの最新技術を活用し、ビッグデータを経営高度化に生かしていきたいと考える医療機関や事業会社等が増えてきています。一方で、AI、IoT、ビッグデータといった言葉は聞いたことはあるものの、実際の活用イメージを掴みきれてないと思われます。

デロイト トーマツ グループでは、ヘルスケアと最新技術の双方に精通した専門家が、ビッグデータを最大限に活用し、経営を高度化していくために必要な具体的なアイディアを提案し、それを実現するために必要なサポートをワンストップで提供します。

 

データ活用方法の検討

データサイエンティストと呼ばれるデータ分析の専門家とともに活用方法を検討し、人工知能などで、何ができるのかを具体化します。また、データ活用の前提となるセキュリティ要件の整理、データの精緻さなどについてもデータ入力時の状況などから分析を行うなど、データ整備に向けた検討すべき課題を整理します。

 

既存データの調査

ビッグデータの活用を検討する際に、はじめに取り組むべきことは、既存データの調査です。人工知能は、データを学習することで活用できます。従って、どのようなデータをどの程度保持しているかによって、人工知能による学習の内容と深度が決まります。

 

パイロットの実施

パイロット(試用)として人工知能などを活用したデータ分析を行い、十分な成果が得られる取り組みとなるのか、さらに高度化するのであれば、どのようなデータが必要なのかを検討し、活用方法を更に具体化します。

 

※クリックで拡大
※クリックで拡大