サービス

医療機関・介護施設向け内部統制構築支援

内部統制とは、健全な法人運営を確保するための業務の仕組みをいい、実施する事業の内容や法人の規模・職員数等に応じて、個々の法人に最適な仕組みを整備することが求められます。デロイト トーマツ グループでは、監査業務で培った経験を活かし、また医療機関や介護施設に特性を考慮して、これらの内部統制制度が適切に整備・運用されているか調査・評価を行い、現行の管理体制における改善点の指摘並びに改善策の立案などのサービスを提供します。

医療機関・介護施設の更なる成長のために

内部統制の構築のあり方は、経営者の理念や方針、人的資源等により様々です。また、法人の規模や事業によって望ましい内部統制も異なります。有効な内部統制を構築するためには、法人の状況に応じたきめ細かな対応が必要になります。
デロイト トーマツ グループでは、医療機関や介護施設の経営者の考えや内部統制の構築状況を把握した上で、豊富なノウハウや監査経験をもとに、ニーズに即した内部統制構築支援サービスを提供し、内部統制に期待される主な4つの機能を高めます。

内部統制に期待される主な4つの機能

(1)業務の効率性・有効性

業務の効率性・有効性とは、医療機関・介護施設においてサービスの提供という本来業務を妨げる因子をどのように排除するかというものであり、業務遂行における無理・無駄など非効率の原因などを解消することが主要課題となります。内部統制の信頼性を損なうことなく、業務の効率性を高めていくことが大切です。

(2)財務報告の信頼性

年次決算だけでなく、月次の財務報告をも信頼に足る情報とするために、財務数値の生成過程を調査し、経営者等に信頼性の高い経営情報を届けることが主要な課題となります。これにより、不適正な決算報告を防止するのみならず、経営者を誤った意思決定や判断から守ることが可能となります。

(3)法令遵守

単に法律や内部規則の遵守だけでなく、経営理念の浸透までも含んだ広い概念であり、法令等の遵守体制、違反をいち早く発見する体制、情報セキュリティー体制などの構築ができているかがその対象となります。医療機関や介護施設を法令違反等によるブランドイメージの低下、社会的信用の失墜、許認可の取り消し等のリスクから守ります。

(4)財産の保全

現預金や未収金の管理体制だけでなく、物品の管理、機器等の保守・保全体制を含めた管理体制を整えることは、多額の資金や事業用資産を保有する医療機関や介護施設にあっては、経営上きわめて重要な課題といえます。財産の盗難や私的横領、債権の滞留や回収不能といった事態から医療機関や介護施設を守ります。

関連するサービス

<<新公立病院改革プラン策定支援>>
  • 新公立病院改革ガイドラインが求める役割期待を整理し、地域の医療需要に相応しい公立病院向け新改革プランの策定を支援します。
<<2025年に向けた医療・介護の事業計画策定支援>>
  • 時とともに変化していく経営環境に対応するため、目指すべき姿の具体化と経営体質の強化を実現する事業計画の策定を支援します。
<<内部統制・内部監査構築支援>>
  • 適切な内部統制・内部監査の構築のためにパブリックセクターの専門化がアドバイスします。
<<非営利法人向け会計監査>>
  • 営利事業分野で培った質の高い会計監査の実務経験をもとに、皆様の事業分野に係る深い知識を有した専門家が付加価値の高い会計監査を提供します。
<<医療情報システム監査>>
  • 医療情報システムを対象とする監査を実施し、医療情報システム管理態勢の整備・運用状況の評価を支援します。