サービス

医療機関の事業承継/ホールディング化を見据えた戦略的M&A

医療提供体制には病院完結型から地域完結型へのパラダイムシフトが起こっています。そして、2025年モデルを見据えた医療制度の改革期にあって、医療機関の経営者には、価値向上と地域医療への一層の貢献を念頭に置いた経営が求められます。価値向上と地域医療への一層の貢献に向けたM&Aを支援するとともに、M&A後におけるグループ経営の課題対応と体制強化を支援します。

2025年モデルに向けた戦略としてのM&A

社会保障制度改革のもと、医療・介護の再編が動き出し、医療機能分化の徹底による病床再編等の施策が進められる中、地域医療における立ち位置が事業者に問われています。
このような改革期において、医療・介護事業者の目的である「地域医療への貢献と事業の創造と発展」のために、経営戦略およびM&A戦略の立案、その実行に必要なファイナンスのアドバイスも含めて、デロイト トーマツ グループは総合的にサービスを提供いたします。
特に、既存医療機能の強化や拡張、経営資源の効率的な投資や機能再編、関連法人も含めた事業ポートフォリオの再構築、非営利ホールディングカンパニー化を見据えたグループ経営管理の強化など、2025年モデルへ向けた取組みを大きく左右する意思決定に、デロイト トーマツ グループの適確なアドバイスがお役に立つものと考えております。

事業承継対策としてのM&A

上述のように厳しさが予想される経営環境のため、子息や親族が医師であっても医療法人の跡を継がないケースが増加しています。医療法人の事業承継は、地域医療において一定の役割を果たしている医療機関にとっては、地域医療を守る観点から、切実な問題ともなります。
後継者が不在である場合を含めて、「地域医療への継続的な貢献」と現経営者の「ハッピーリタイアメント」のために、対象法人(事業)の売却を支援いたします。特に、新しい経営者候補のリストアップと接触、現経営者の引退後の生活設計を踏まえた財務・税務に係るアドバイス、新経営者候補との交渉のアドバイスも含めて、デロイト トーマツ グループは総合的にサービスを提供いたします。

M&Aに係る提供サービス

M&Aに関して、デロイト トーマツ グループが提供する具体的なサービスは、次のとおりです。
・M&A戦略の立案、実行計画の策定支援
・M&A対象法人(事業)のスクリーニング及び予備調査
・買収・売却方法の策定支援(ストラクチャリングサポート)
・企業価値評価(バリュエーション)
・財務、事業、人事及び不動産にかかるデューデリジェンス
・M&A対象法人との交渉支援
・統合後の戦略、各種制度、業務プロセス、情報システム等の整備・構築支援(PMI)
・グループ経営管理体制の構築