サービス

経営職・管理職層育成

病院経営の将来を担う経営職層や病院現場を支える管理職層を中心とした人材育成に貢献します。

組織の発展と経営人材/管理人材育成

多くの医療機関においては、医療職の方々が専門知識や技術を学ぶ機会はあるものの、経営知識やマネジメント手法を学ぶ機会が十分にある状況とは言えません。組織の継続的発展(ゴーイング・コンサーン)という視点から医療機関を見たときに、専門職としての育成だけではなく、経営職や管理職を育成する重要性は極めて高いと言えます。また、病院の経営管理の実務を担う事務部門の人材育成も課題の一つと考えられます。

デロイト トーマツグループでは、医療機関における経営職層や管理職層の人材育成に関して、経験豊富なアドバイザリースタッフが助言します。

 

マネジメント人材育成支援

病院経営において、経営がわかる管理職を育成し、配置することが重要です。事務職のみならず、各職種における部長クラスや課長クラスのマネジメントスキル育成のための体系作り、経営管理面における基礎知識の習得、病院全体や部門における現状分析やビジョン構築等の一連の流れを体験をしていただきます。各病院職員のマネジメントスキルの保有状況に応じた人材育成の企画・実施を助言します。

 

モニタリング支援

外部研修に参加した時だけの一過性の満足感にとどまらず、変化・成長することの必要性を感じ、現場でのPDCAサイクルを回せるようになって初めて意味のあるものになります。組織課題への取り組み状況の確認や新たな課題設定を行う機会を提供し、継続的に学ぶ機会を創出するためのサポートをします。

 

※クリックで拡大