サービス

M&A

医療・介護事業者が当事者となるM&Aにおいて、専門性と国内外のネットワークを活かしたワンストップサービスでM&Aを成功に導きます。

ヘルスケアにおけるM&Aのトレンドと課題

ヘルスケア業界においても近年M&Aの動きが拡大しています。後継者不足に悩む病院やノンコア事業のヘルスケア事業から撤退する企業、業容を拡大したい医療法人、ヘルスケア業界への新規参入を図る事業者等、それぞれの立場でM&Aに期待する効果は異なりますが、M&Aを経験した事業者が必ずしも期待した効果を得られていない事例も多くみられます。

M&Aを成功に導くためには候補先との交渉を成立させるだけでなく、事業をスムーズに統合させることが必要です。

デロイト トーマツ グループではクライアントがM&Aの効果を最大限得られるよう一貫したサポートを実施します。

 

M&A効果を最大限引き出す一貫したサポート

M&Aを成功に導くためには、ヘルスケアビジネスの深い理解を通じた戦略を立案し、候補先の情報収集、対象先との交渉および資金調達、さらにM&Aの効果を最大限に引き出す経営統合という作業が必要です。

デロイト トーマツ グループではM&Aライフサイクルの各ステージにおいて、ヘルスケア業界に精通した会計士、税理士、不動産鑑定士、一級建築士、コンサルタント等の専門チームを配置し、候補先の抽出からスキーム立案、TAXプランニング、人事・システム・業務統合、統合後の戦略立案までヘルスケアのM&Aに必要なサービスを一貫して提供します。

 

国内外のネットワーク

事業の売り手および買い手双方にとってM&Aを成功に導くためには、M&Aの目的に適した候補先にスムーズにアプローチできるかが重要なポイントです。

デロイト トーマツ グループの国内外のネットワークを通じ、多種多様な業種からM&Aの目的に適した候補先の情報を収集し、アプローチを行います。

※クリックで拡大