サービス

病院建替/新規事業展開支援

医療機関は経常的な設備投資を余儀なくされていますが、中でも病院建物の建替えは投資額や多方面への影響からビッグイベントとなります。建替えを成功裡に収めるため、基本構想・基本計画の策定から個別計画(設備機器の調達、電子カルテ等医療情報システムの導入、委託業務の適正化など)の立案まで、デロイト トーマツ グループは幅広い病院運営支援のラインナップから、ニーズに合わせて総合的に支援します。

関連コンテンツ

建替えをはじめ設備投資を成功裡に収める秘訣

医療機関、特に急性期の医療機関は、医療技術の進展・高度化に伴い設備機器への一定の投資が経常的に必要となります。また、経営環境の変化により、戦略に応じた改修が必要となる場合もあります。
中でも、病院建物の建替えは一大ビッグイベントと言えます。建替えにあたっては、ビジョン・ミッションの実現に向けて整備すべき機能などの要件を基本構想・基本計画としてとりまとめます。建替えはビッグイベントだけあって、建物や機器にとどまらず、ネットワークやシステム、ヒト(職員・患者)の動線や器械の配線、所要資金の調達と返済など、多面的な検討が必要であり、それらを個別計画として落とし込まなければなりません。
設備投資という費用面に着目すると、病院の建替えでは、建設投資、医療情報システム投資、医療機器投資の3つの高額投資領域となります。新しい病院の基本構想を策定するにあたっては、事業費を概算で予算立てしますが、無計画のままでは事業費予算が青天井で膨らんでしまいます。さらに医療サービスの質に影響するという面でも、これらの設備投資は病院運営を左右すると言って過言ではありません。

設備投資の周期
建物は30~40年の周期で建替えが必要となります。医療機器や医療情報システムは5~10年で更新が必要となります。
病院建設は長周期でのイベントであるため、前回の病院建設に関わった経験を持つ職員が存在することは稀でしょう。医療機器や医療情報システムは建物に比べれば短周期ですが、技術の進歩は激しく、前回の経験がそのまま通用するとは限りません。そのため、最新の情報を踏まえた最適な設備投資を導き出すには、取引業者との情報格差の存在から、内部の職員だけでは限界があると言わざるを得ません。

内部の利害関係
病院の建替えは、病院で働く役職員に大きな夢と希望を抱かせます。多様な専門職が集まる病院では、それぞれが持つ理想があるからです。サービスの質を追求すると、理想の実現に向けて、様々な要求・要望が建替え時に顕在化することになります。医療情報システムの更新も同様です。システムのユーザーである各部署の職員から、利便性の向上のために様々な要求・要望が出てきます。
設備投資にあたり多くの部門から寄せられる要求・要望を全体最適の観点から整理するには、内部の職員だけでは限界があると考えます。

デロイト トーマツ グループは幾つもの設備投資イベントに関わってきた専門家を有しており、コストと資金を要する設備投資というイベントを成功に導く支援体制を整えています。そして、あり方の検討や構想のとりまとめ、計画の立案、設計・導入の監理、運用までのフェーズにおいて支援します。
※病院建替えと医療情報システムについては、個別のサービス案内を参照下さい。

(1.2MB,PDF)