サービス

調査分析(診療報酬精度向上等)

最新の情報に裏付けられた調査分析を通じて、 安定した経営基盤の確保に向けたクライアントの適切な意思決定を支えます。

診療報酬を意識した経営

2025年を目標に地域包括ケアシステムを通じて医療提供体制の再構築に向けた取り組みが行われており、診療報酬も国の厳しい財政状況もあり、2025年を意識した厳しい改定が想定されています。

このような背景のもと医療機関においては、これまで以上に診療報酬を意識した経営を行う必要があります。また中長期的には、これまでの診療機能を継続するか、また地域包括ケアを見据えた診療機能の見直しを行うかについて慎重に意思決定を行うことが重要となります。意思決定は感覚的な、いわゆる「どんぶり勘定」により判断するのではなく、内部・外部のデータに基づく定量的な調査分析が必要です。

デロイト トーマツ グループでは、最新の情報に基づいて、診療報酬の精度向上や病床機能変更に関する調査分析を行います。

 

診療報酬の精度向上にむけた調査分析

診療報酬の精度向上を目的として以下の調査を行います。

施設基準に関する調査

施設基準の現状を調査し、同規模病床数や標榜診療科が類似する全国の医療機関とのベンチマーク分析を通じて、上位基準取得可能性調査(機能評価係数Ⅰの施設基準含む)を行い、上位基準取得に向けた実行計画の策定を助言します。

DPCコーディング精度向上に関する調査

DPCコーディング業務プロセスの現状を調査し、特にDPC機能評価係数Ⅱ(効率性分析等)の向上に向けたマネジメント体制の構築をサポートします。

医事業務効率化に関する調査

属人的な業務になりがちな医事業務の現状を調査し、業務の標準化実現に向けた施策や人材育成・人材教育に係る施策を取りまとめます。

診療報酬算定強化に関する調査

診療報酬算定における現状のフローを確認するとともに、時系列分析により、他職種との連携を踏まえた診療報酬算定強化項目を抽出します。

 

病床機能変更に関する調査分析

看護師等の医療スタッフの体制や入院患者の重症度や医療・看護必要度等に関する現状を調査し、既存の急性期病棟を維持するための規模や地域包括ケア病棟等の病床機能の変更に関する分析を行います。分析においては単に定量的なシミュレーションだけでなく、急性期病棟と地域包括ケア病棟等の併存のための最適な病床構成や周辺医療機関の病床機能に関する調査を行うことで、適切な意思決定に貢献します。

 

※クリックで拡大
※クリックで拡大