ナレッジ

Advanced Technology Initiative

先端技術構想:製造業におけるイノベーションエコシステムとは

先端技術とイノベーションによって製造業はどのように競争力を強化し、差別化できるのか。 デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)と米国競争力協議会との研究により見えてきた課題に光を当てる。

関連コンテンツ

世界中の国々は長い間、自国の経済を成長させるべく次なるテクノロジーのフロンティアを見つけ出すことに奮闘してきた。経済や技術的優位性が激しく移り変わる近年では、経済的競争力を高め国家をさらに繁栄させる上で先端技術の重要性が大きく増している。
その結果、米国を含め多くの国々がイノベーションエコシステムの確立に大きな投資を行ってきた。イノベーションエコシステムは、人、資源、政策、組織を結び付け、一体となって新しいアイディアを先端技術によって商業的な製品やサービスへと結実させるものである。


本レポートは、DTTLと米国競争力協議会との共同研究により、製造業と国立研究所が直面する課題を特定し、米国内で開発中の有望な先端技術と世界の科学的研究開発(R&D)の最新のトレンドを見極め、短期的・長期的なイノベーションエコシステムを改善するための提言をする。
DTTLと米国競争力協議会はこの研究のために、40人近い製造業の最高技術責任者(CTO)、最高研究責任者(CRO)、最高経営責任者(CEO)、会社社長のほか、10人近い米国の国立研究所と研究施設の所長にインタビューを行った。

 

『Advanced Technology Initiative』 目次
・先端産業の重要性と米国の競争力の評価
・イノベーションエコシステムによるアプローチ
・最も有望な先端製造技術 ― 詳細な検討
・米国企業が直面する機会と課題

(5.6MB, PDF)
お役に立ちましたか?