ナレッジ

100年続くエアラインを、日本から

日本発のエアラインイノベーション

原油価格の長期的上昇や日本の人口減少により、「売上が伸び悩む中でコストが上昇していく」という閉塞的な状況が日本のエアラインの前に立ちはだかることは、もはや避けられないと予測されています。この状況を打破するために必要な“イノベーション”について考察します。

100年続くエアラインを、日本から ~日本発のエアラインイノベーション

2016年のエアライン業界は、継続的な航空需要の増加や原油価格の低下を背景に過去最高益を更新すると予想されています。しかし、エアライン業界のマクロトレンドをみると、利用者単価の継続的な低下や原油価格に左右される利益構造など、楽観視できる状況にないことは明らかです。
本パンフレットでは、エアライン業界のトレンドを概観した上で、今後エアライン業界が成長するためのイノベーションの必要性について示しています。また、デロイトが提供しているイノベーションのフレームワークを紹介し、エアライン業界のイノベーションについて考察しています。

〔PDF, 3.58MB〕
お役に立ちましたか?