デロイトの航空宇宙防衛業界におけるナレッジ

ナレッジ

新たなステージに突入した民間航空機産業

よりグローバル化する環境で日本企業は何に取り組むべきか

大量生産時代の到来、Super Tier 1の台頭等により、民間航空機産業は新たなステージに突入しています。今後も様変わりしていく環境において日本企業が勝ち抜き、その競争力を持続的に確立するには何に取り組むべきかについて考察します。

新たなステージに突入した民間航空機産業

大量生産時代の到来、Super Tier 1の台頭、欧米OEM・大手サプライヤーの新興国進出、並びに新興国プレイヤーの台頭により、民間航空機産業は新たなステージに突入しています。よりグローバル化する環境において日本企業が勝ち抜き、地位を向上させるには、包括的に機体OEMの開発・製造の支援ができる企業となる必要があるでしょう。

本パンフレットでは、民間航空機産業の動向を踏まえた上で、機体OEMから先進サプライヤーとして認知され、その競争力を持続的に確立する鍵について考察します。

〔PDF, 6.46MB〕
お役に立ちましたか?