調査レポート

2014年版モビリティに関するグローバル消費者意識調査

2014 Global Automotive Consumer Study

変化する消費者ニーズは、自動車メーカーに多くの複雑な問題を提起し、その対応如何では製品や顧客との関わり方に大きな影響を及ぼす可能性がある。このような環境下、代替パワートレイン、コネクテッドカー・自動運転、カスタマー・エクスペリエンスがどのように消費者の移動手段選択に影響するか。今後消費を牽引するGen Yを中心に、世代、社会経済、性別等の多角的考察を通じて分析を実施した。

関連コンテンツ

The changing nature of mobility

はじめに

近年のダイナミックな社会・環境変化や新たな自動車テクノロジーの進歩によりモビリティの展望は変化し、消費者の移動ニーズに合わせてより多くの選択肢が提供されはじめている。これらの変化する消費者ニーズは、自動車メーカーに多くの複雑な問題を提起し、その対応如何では製品や顧客との関わり方に大きな影響を及ぼす可能性がある。
このような環境下、代替パワートレイン、コネクテッドカー・自動運転、カスタマー・エクスペリエンスが、どのように消費者の移動手段選択に影響するか。
今後消費を牽引するGen Yを中心に、世代、社会経済、性別等の多角的考察を通じて分析を実施した。

調査対象

19カ国23,000人超の消費者を対象

Gen Yに関する主要6カ国調査結果

先進国3カ国(日本・米国・ドイツ)、新興国3カ国(中国・インド・ブラジル)

1. グローバルでの、 Gen Y は車の所有またはリースに関心があり、新興市場においては80%が今後5年以内に車の購入を予定している。
2. Gen Yの大多数は、5年後には代替エンジン・代替燃料車を運転していると考えており、このような車に対して他の世代よりもお金を払って良いと考えてい     る。
3. 全ての対象国において、高度な自動化にはあまり魅力を感じていないが、新興市場のGen Yは先進市場と比較して、高度な自動化に対して抵抗を抱いて     いない。
4. Gen Yは、安全性向上と燃費効率改善を車両技術の最大のメリットとして認識している。
5. Gen Yは自分達の身を守ってくれる車両技術を望んでいる:
    ・路上で他の車を認識する
    ・危険な状況での運転を自動的に阻止する 
6. Gen Yが自動車を購入しない理由: 高コスト、ライフスタイルニーズが徒歩・公共交通機関により満たされている。
7. Gen Yの50%以上が、購入プロセスにおいて友人や家族からの影響を受けている。

※原文(英語)レポートは以下よりご参照頂けます。
Exploring consumer preferences in six key markets around the world

Gen Yに関する欧州主要調査結果

ベルギー、チェコ、フランス、イタリア、ドイツ、オランダ、トルコ、英国

1. 欧州のGen Yは車の所有またはリースに関心があり、75%が今後5年以内に車の購入またはリースを予定している。
2. 消費者の44%が、5年後には代替燃料車を運転していると考えており、このような車に対して他の世代よりもお金を払って良いと考えている。
3. 全体的に高度な自動化にはあまり魅力を感じられていないが、Gen Yは高度な自動化に対して抵抗を抱いていない。
4. Gen Yは、安全性向上と燃費効率改善を車両技術の最大のメリットとして認識している。
5. Gen Yは自分達の身を守ってくれる車両技術を望んでいる:
   ・路上で他の車を認識する
   ・危険な状況での運転を自動的に阻止する
6. Gen Yが自動車を購入しない理由:コストと価格が主要な要因。
7. Gen Yに車両購入を促す要因: 低燃費で低価格なクルマ。
8. Gen Yの50%以上が、購入プロセスにおいて友人や家族から最も影響を受けている。

※原文(英語)レポートは以下よりご参照頂けます。
Exploring European consumer mobility choices

 

 

 

調査対象国

お役に立ちましたか?