ナレッジ

The Future of Manufacturing

「モノとしての製品」が「スマート製品」に変貌を遂げ、製品のプラットフォーム化に伴い「製造」は「サービス」となりつつある。製新規参入や商業化、知識の習得を阻む障壁は崩れつつある。今、まさに製造業全体が大きな変貌を遂げようとしているのである。

関連コンテンツ

製造業の未来

製造業全体がとてつもなく大きな変貌を遂げようとしている。従来の「モノとしての製品」が「スマート製品」に生まれ変わり、製品のプラットフォーム化が進み「製造」はサービスの領域にも入り込みつつある。さらに技術の飛躍的な進展に伴い、新規参入や商業化、知識の習得を阻む障壁は徐々に崩れつつある。

製品は「それ自体が価値を持つモノ」から「情報や体験を得るための手段」としての特徴が強まり、価値創造と価値獲得のプロセスが移行した結果、従来の方法で価値を生み出し続ける事が難しくなってきている。

このような潮流がどの程度製造業に影響を及ぼすのだろうか。

既存大手製造企業にとっては規模と範囲の経済を原動力とする3つの役割(インフラの提供、統合プラットフォーム、エージェント型事業)が、成長と収益性を支える強固な基盤となる。企業のレバレッジ成長戦略を推進する上では、「製品からプラットフォームへ」「所有から利用へ」2つの新たなビジネスモデルが効果的であろう。

消費者の要求、製品の特徴、生産現場、バリューチェーン、その全てが変わりつつある。一方では製造と技術の境界が曖昧になり、他方では製造業と小売業の境界が不明瞭になりつつある。より多くの価値が生み出される一方、製造企業はより一層のプレッシャーにさらされているのである。

製造業を取り巻く新たな環境で価値を創造し獲得するためには、目まぐるしい変化を的確に捉え、変化を引き起こしている個別要因を理解し、構造的優位性をもたらす活動に焦点を絞る。そして、第三者プレーヤーの技能と能力を活用し、ビジネスモデルを根本的に見直し、影響を与えるポイントを特定する必要があるだろう。

どこで、どのようにして、事業を展開すれば良いか、その明確な結論は無い。自社における成功の定義を定め、戦略的ポジションを再構成した上で、新たな製造業における自らの道を切り開いていただきたい。

『The Future of Manufacturing』目次

  • エグゼクティブサマリ
  • 変化する消費者需要の特徴
  • 変化する製品の特徴
  • 変化する生産現場 
  • 変化するバリューチェーン
  • 製造業の将来展望
     

本レポートはDeloitte University Pressで発行された英語レポートを翻訳したものです。
原文(英語)レポートは以下よりご参照いただけます。(外部サイト)

http://dupress.com/articles/future-of-manufacturing-industry/

 

※日本語全訳版冊子をご希望の方は、問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

お役に立ちましたか?