ナレッジ

The Future of Mobility

モビリティ社会の未来

パワートレイン技術の進化、新素材の開発、モビリティに対する消費者ニーズの変化、そして自動運転の実現。今、自動車産業は従来の枠組みを超えた「未来社会」へと歩みだした。

関連コンテンツ

モビリティ社会の将来像

技術の進化、消費者や社会からのニーズの変化に伴い、自動車業界における既存システムが崩壊し、新たなエコシステムが出現するのは確実である。

この将来像について、「インサイダー」と「ディスラプター」の間には、将来的に「個人がクルマを所有して人が運転する」、あるいは、「無人自動車を共同で使用する」、という2つの大きく異なる見解が存在している。

我々はクルマの「操作」と「所有」という2軸の変化ドライバーで4つの未来世界が創出され、未来世界1から4へ移行するにつれて経済性が大きく向上し移動コストは安くなると考えている。そして、これらの未来世界では、今とは大きく異なる価値転換が起こり得る。

未来世界1 Incremental Change (クルマ保有社会)
未来世界2 A world of car-sharing (カーシェアリング社会)
未来世界3 The driverless revolution (完全自動運転社会)
未来世界4 A new age of accessible autonomy (完全自動運転カーシェア社会)

あらゆる業界ステークホルダーに大きな影響を及ぼす新しいエコシステムの出現は、確実に起こる。論点は、それが多方面で破壊を起こしながら急速に起こるのか、それとも現在の構造は本質的に変えずに徐々に進化を遂げるのか、という点だけである。

自動車業界各社は、将来必ず起こるこの革命を理解し、自社の「where to play and how to win (どこで戦い、どのようにして勝つか)」を見定め、熾烈な競争時代を戦略的に勝ち抜いてほしい。

『The Future of Mobility』目次

  • 自動車産業の重要性
  • 2つの異なる見解
  • 併存する4つの未来
  • 移動コストの比較:1マイルいくら?
  • 変化の方向性
  • 自動車産業の未来

本レポートはDeloitte University Pressで発行された英語レポートを翻訳したものです。
原文(英語)レポートは以下よりご参照いただけます。(外部サイト)
http://dupress.com/articles/future-of-mobility-transportation-technology/

※日本語全訳版冊子をご希望の方は、問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連コンテンツ

お役に立ちましたか?