サービス

自動車部品サプライヤーのグローバル経営管理基盤強化

昨今、自動車部品業界は、事業の急速なグローバル化やOEMの既存の枠を超えたビジネス拡大の必要性など、内外の急激な環境変化にさらされており、グローバルでの子会社管理やコスト管理力の強化など、グローバルマネジメントは複雑性を増しています。自動車部品サプライヤーに今後求められるグローバル経営管理のあるべき姿とそれに向けた方策を、多方面からご支援します。

関連コンテンツ

更なる成長を実現する経営管理基盤実現に向けて

新興メーカーを含む競合との競争の激化、系列外や非日系を含む新規OEMとの取引の拡大、自動車の電動/エレクトロニクス化による部品構成・サプライヤ構成の変化、サプライチェーンのグローバル化・多様化など、近年自動車部品サプライヤーが取り組むべきアジェンダは複雑性を増しています。特に、海外子会社に対するガバナンスや指導力の強化、品質・納期に加えて価格(コスト)の管理力の強化、グローバルでのソーシング(最適生産・仕向けの管理)が競争力・収益力の強化に向けた重要課題であると考えられます。また、事業の海外比率が高まる中、固定費の低減や経営資源の効率化にも継続的に取り組んでいく必要があります。

一方で、事業の急速なグローバル化の過程において、現地で生産・供給体制の早期立ち上げを最優先してきたこともあり、これらの管理や意思決定を迅速かつ正確に行えるだけの経営管理体制・基盤が整っていないケースが多く見受けられます。

一足飛びにあるべき姿を実現するのは困難であり、個社・個別機能の強化→グループ管理基盤の強化→グローバル統合管理といった段階的機能強化が求められます。

・ガバナンスの最適化:経営指標の体系化(可視化・統一化)、本社/地域統括機能強化

・収益管理力の強化:単品別連結損益管理の強化、継続的固定費削減、原価企画/管理の強化

・経営資源の効率化:グローバルキャッシュマネジメント、グローバルSSC/BPO推進、ローカル人材活用や戦略的人材モビリティの実現

・グループ共通の経営管理基盤の整備:タイムリーな意思決定を支える情報基盤の高度化

このような改善テーマに関して、個別に手当てを行うのではなく、体系的に経営管理基盤の強化を実現していくことが重要です。自動車業界の豊富な知見と、経理・財務部門向けソリューションのスペシャリストがタッグを組み、これまで培ってきた経験と実績を最大限に活用し、効率的かつ確実なグローバル経営管理強化をご支援いたします。