サービス

自動車産業/業界構造変化の先読みと対応戦略

自動車業界のトレンドを先読みする力、自動車産業の各企業のビジネス・オペレーションモデルに対する経験に裏打ちされた理解と洞察、成果を創出することへのこだわりとしての実行へのコミットメント。組織的な経験値と戦略策定/実行力を持ち、自動車メーカー・部品メーカーを中心に業界レイヤーの各企業を成長に導きます。

関連コンテンツ

自動車産業の成長に対するコミットメント

リーマンショックを境にして、先進国中心の市場構造は新興国シフトが鮮明となり、単純な量的拡大のみならず、多様化する市場ニーズへの対応が求められるようになりました。またクルマの基本性能(走曲止)は決定的な差別化要因とはならず、ユーザー価値としての燃費性能や安全性能を統合システムとして価値訴求する競争環境となりました。

それに伴いモジュール/アーキテクチャによる開発/生産スキームが各社の技術・事業戦略のコア思想として据えられたことにより、これまでの完成車メーカーを頂点とした垂直統合・ヒエラルキー型の産業構造は、対等分業・すみ分け型の産業構造へと変化を遂げつつあります。

 

新興国市場の本格拡大、次世代自動車や燃費改善技術の進展、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転などの技術革新、燃費規制の厳格化、新興国の自動車産業政策のブロック化 ― これらのメガトレンドは既存の自動車産業/業界構造を一変させる可能性を内包しています。かつて携帯電話やデジタル家電が直面した劇的な産業構造/業界構造変化が自動車業界においても再現される可能性も完全に否定はできません。

 

自動車産業の各企業が持続的成長を遂げていく為には、中長期的な環境変化を見据えた、自社の競争戦略、商品・技術戦略、地域戦略の重要性が益々高まっていくのは間違いないでしょう。

 

自動車業界全体のトレンドを先読みする力、各レイヤー企業のビジネス/オペレーションモデルに対する経験に裏打ちされた理解と洞察、そして成果を創出することへの拘りとしての実行へのコミットメント。デロイト トーマツ自動車セクターでは自動車メーカー、部品メーカーを中心に業界レイヤーの各企業を成長に導く組織的な経験値と戦略策定/実行力を兼ね備えています。

関連コンテンツ