ナレッジ

ビジネス実務 オーナー社長のための事業承継のポイント《連載》第6回 M&Aによる事業承継

本シリーズでは、中小企業において重要課題となっている事業承継について、後継者選定、親族内承継、親族外承継、M&Aなどに焦点をあて、事例を交えて紹介します。6回目の本稿では、中小企業のM&Aによる事業承継について、その現状を解説します。SERI Monthly 2018年10月号掲載(静岡経済研究所)

記事内容

本シリーズ6回目は、中小企業のM&Aによる事業承継について、その現状を解説する。
 

なぜM&Aを選択するのか?

M&A情報提供を主業とする㈱レコフデータの調査によると、日本企業が関連するM&Aの件数が2017 年には3,050 件となり、過去最高を記録した。これは情報公開された案件のみの集計であり、一般に情報公開されることが少ない中小企業のM&Aを含めると、さらにその件数は多くなる。

M&A件数の増加は、中小企業のオーナー社長にもM&Aという選択肢が普及しつつあることを感じさせるが、M&Aによる事業承継を選択する理由は、以下の3点に集約される。
 

>> 続きは添付ファイル(PDF)をご覧ください。

記事全文[PDF]のダウンロードはこちらから

SERI Monthly 2018年10月号(静岡経済研究所)

 

Download PDF:2MB

関連サービス

経営承継支援に関するサービス紹介は以下からお進みください。

■ 経営承継支援

中堅・中小企業向けM&Aマッチングプラットフォーム『M&Aプラス』


>> M&Aプラス(※外部サイトにリンクします) 

記事、サービスに関するお問合せ

>> 問い合わせはこちら(オンラインフォーム)から

※ 担当者よりメールにて順次回答致しますので、お待ち頂けますようお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?