ナレッジ

Industry Eye 第1回 ライフサイエンスヘルスケア

米国ヘルスケア業界の動向

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社のインダストリースペシャリストが各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について、法規制や会計基準・インダストリーサーベイ等を織り交ぜながら解説する「Industry Eye」。第1回はライフサイエンスヘルスケア業界を取り上げます。

関連コンテンツ

はじめに

米国における医療費支出は増加傾向にあり、今後さらに拡大していくものとみられている。主な要因として、高齢化、慢性疾患患者の増加、ならびに医療保険制度改革(PPACA)による無保険者への健康保険拡大等が挙げられる。

他方、消費者のジェネリック医薬品への関心の高まりや、医薬品への価格圧力といった、新薬メーカーの利益率を低下させる要因も想定されている。

ヘルスケア業界へ注力する企業が増加するなか、主要な市場である米国におけるヘルスケア業界の現況について解説する。

なお、本文中の意見や見解に関わる部分は私見であることをお断りする。

 

続きは添付ファイル[PDF]をご覧ください。

 


>> 第2回 マニュファクチャリング(化学セクター):DTFA化学セクターサーベイ2014からのインサイト

(63KB, PDF)

関連するサービス

Industry Eye (記事一覧)

ファイナンシャルアドバイザリーメールマガジン連載記事
各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について、法規制や会計基準・インダストリーサーベイ等を織り交ぜながら解説します。

お役に立ちましたか?