ナレッジ

Industry Eye 第7回 金融

「産業の血流である金融における潮流の変化(後編)」

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社のインダストリースペシャリストが各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について解説する「Industry Eye」。Industry Eye 第7回は、身近な環境で行われている「金融のM&A」について、日本市場の概況を述べていく。

関連コンテンツ

はじめに

前回(第6回)は、主に海外のM&Aについて記載した。同じ業種にも関わらず、国単位で大きく動向が異なることはご理解いただけたのではないだろうか。

今回は、いよいよ日本市場について概況を述べていく。日本は、金融の再編の中で最も難易度が高いといわれる広域での地銀再編をはじめ、エポックメイキングな話題もあり、大きく状況が変化している。さらに、一般的には理解が難しいとされる規制動向の概説と再編との関わりを示し、身近な環境で行われている「金融M&A」の雰囲気をお伝えすることにしたい。

続きは添付ファイル[PDF]をご覧ください。


次号記事 
>> 第8回:ミドルマーケット 地方創生の推進と中堅企業によるM&A

[399 KB, PDF]


デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社
松浦 健彦

(2014.12.22)
※上記の内容等は、執筆時点のものとなります。

執筆者

関連サービス

Industry Eye (記事一覧)

ファイナンシャルアドバイザリーメールマガジン連載記事
各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について、法規制や会計基準・インダストリーサーベイ等を織り交ぜながら解説します。

お役に立ちましたか?