ナレッジ

日本向けインバウンドディールの可能性

2014年2月アップデート

日本企業による旺盛なアウトバウンド買収ディールが依然として注目を浴びるなか、一方で日本向け投資が再び活発化するという見方が強まっています。デロイト トーマツ フィナンシャルアドバイザリー株式会社では、このたびMergermarketと協力し、最近のディールの動向を調査しました。

ニュースレターの主要ポイントは次の通り

日本へのインバウンドM&Aは近年低水準で推移しているが、日本の不動産に対する関心の高まり、安倍晋三首相による景気刺激策「アベノミクス」や東京が2020年の夏季オリンピックの開催地に選ばれたことによる日本経済に対する楽観論を背景に今後増加が期待されている。

技術産業とテクノ ロジー分野に対する投資が、過去4年間のインバウンド投資件数の 51%、取引金額の49%を占めており、海外投資家は日本の電子部品やバッテリーメーカーの買収に注目している。

プライベート・エクイティファンドによる日本企業の買収は、これまで国内ファンドによるものが主体であったが、外資系ファンドもポジションを拡大している。2010年以降、外資系ファンドが行った取引は38件、総額は1.2兆円 (120 億米ドル) 。それに対し国内ファンドの行った買収は96 件、9,790億円 (99億米ドル) であった。

アジア以外の地域の投資家による日本投資が最も活発であり、2010年以降のインバウンド取引件数の66%を占めている。金額で見るとその差が一層拡大し、アジア以外の買い手が買収金額の84%、約3.4兆円 (350億米ドル) を占めている。

デロイト トーマ ツファイナンシャルアドバイザリー株式会社、リオーガニゼーションサービスのパートナー、岸務とシニアヴ ァイスプレジデント、橋本知一が不動産市場の最新の動向について語っている。


記事全文は添付ファイル[PDF]をご覧ください。 

 

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社

(1.3MB, PDF)
M&Aに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

M&A:トップページ

お役に立ちましたか?