ナレッジ

買収と売却:M&Aに関わる日本国内の動向

2014年10月アップデート

国内市場の業界再編との両輪の取り組みとして、日本企業はノンコア事業や不採算事業の切り離しを進め、よりスリムで効率の高い企業になろうとしています。デロイト トーマツ フィナンシャルアドバイザリー株式会社では、このたびMergermarketと協力し、日本国内の動向を調査しました。

関連コンテンツ

ニュースレターの主要ポイントは次の通り

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社 


日本で現在起こっているアウトバウンド型M&Aの波は、日本のM&Aシーンの特徴として注目を浴びている。サントリーホールディングスが蒸留酒メーカーのビーム社を約1.6兆円(160億米ドル)で買収した超大型案件はレアケースであるにしても、日本企業が海外にターゲットを拡大する中で、海外のM&Aの動きはここ数年で過去最高レベルに達している。

一方で国内市場のM&A活動はこのところ落ち着きつつあり、2014年は前年に比べ取引金額が減り、案件件数は横ばいとなっている。企業の再構築を統合や分離という形で促す新しい政策が、多くの企業におけるノンコア事業や不採算事業の売却の原動力となっている。ここにプライベート・エクイティや国際的な投資家が市場参入するチャンスが広がっている。

デロイト トーマツ フィナンシャアドバイザリー株式会社のエグゼキュティブオフィサー、ブライアン・ライトルと、同社パートナー野田敦が企業売却について語るととも、昨今の日本国内の主要なM&A案件についても検証を加えている。
 

(1.05MB, PDF)
M&Aに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

M&A:トップページ

お役に立ちましたか?