メディア情報

「ビジネス特集」海外企業の買収 何が成否を分けるのか

NHK NEWS WEB(2017年5月16日)掲載

NHK NEWS WEBの連載コーナー「ビジネス特集」に、松本一則さんのインタビュー記事が掲載されました。 海外企業の買収 何が成否を分けるのかをテーマとした記事では、高値掴みをしないために必要なことや、買収後の人材活用について簡潔に語っています。

記事概要

日本郵政は15日、2017年3月期の決算で10年前の民営化後初めてとなる最終赤字に転落したことを発表しました。おととし約6200億円で買収したオーストラリアの物流最大手トール・ホールディングスの業績悪化を受けて4000億円余りの損失を計上したからです。

記事概要海外の企業買収をめぐっては、東芝も買収したアメリカの原子力事業会社の経営破綻によって9500億円の最終赤字を計上する見通しを15日に発表。海外企業買収の在り方が改めて問われています。 成否を分けるものは何か、2人の専門家に聞きました。
 

記事全文はこちら
※外部サイトにリンクします

関連サービス

M&Aに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介など。

M&A:トップページ 

 ■ M&Aアドバイザリー

お役に立ちましたか?