サービス

100日(統合)プラン(バイサイド)

「100日(統合)プラン」では、将来の絵姿(vision)に対する現状(as-is)とのギャップを洗い出し、統合初日(Day1)から100日(四半期)にかけて達成すべきマイルストーンを設定します。

関連コンテンツ

100日(統合)プランの検討領域としては、戦略、ガバナンス、組織、業務プロセスなどが挙げられますが、それぞれの領域において優先度を鑑みた上で、その達成に向けて施策(アクションプラン)を策定します。

検討対象例
・シナジー創出のための施策策定
・組織・ガバナンス体制の構築
・人事・評価制度の構築
・業績管理の仕組みの構築
・拠点統廃合計画の立案
・情報システム統合方針の立案

100日プラン策定にあたっては、Day1を迎える前の早い段階から、双方の会社から中心となる人材を巻き込み、プランの策定を開始する必要があります。さらに、Day1以降のなるべく早い段階で成果を出すためにも、成果のインパクト、成果創出に要する期間等を考慮して、アクションの優先順位付けを行います。

トーマツグループは、クロスボーダーを含む数多くのM&A案件をご支援してきた経験や方法論、PMIおよび業界に知見のある専門家、グローバルネットワークを最大限に活用して、100日プランの策定をご支援します。