サービス

入札支援(バイサイド)

買い手候補として案件に係る十分な検討・社内意思決定を行い、同時に入札手続に沿って交渉を円滑に進めることが肝要です。デロイト トーマツ グループでは、売り手より入手した情報を含む様々な判断材料等をクライアントと綿密に共有し、対象企業価値・その他諸条件の検討や、各種入札提案書のドラフト、社内外の交渉・調整等の多岐にわたりご支援します。

入札手続における果実を最大化するために

M&A案件では、対象会社の上場・非上場等に係らず、売主における株主価値最大化や公正かつ透明な売却プロセス等の要請に照らし、複数の買い手候補を相手とする入札手続を実施する事例が多く見られます。
当事者としてこのような入札手続に参加し、満足のいく形で案件をクローズさせるためには、大きく分けて2つの点に最大限配慮することが肝要です。

第一に、経済・業界動向や対象会社、売主等に係る十分な情報収集に基づき、社内外のリソースを活用して慎重かつ迅速な検討・社内意思決定を行うことです。これにより、案件の価値を見極めると共に、当該価値を実現させるために必要となる条件についても検討が進み、ひいては売主へ提出する提案内容・取引条件の核心が決定されてくることとなります。

第二に、同時に売主代表や法令により提示される手続を踏まえ、意向表明やデューデリジェンス、および契約交渉等の各手続を通じ、上記意思決定内容が最大限実現されるよう、社内外の準備・調整・交渉等を迅速かつ円滑に進めることです。

売主からは、入札手続を通じて、インフォメーション・メモランダムやデータルーム等の形で、対象会社に係る様々な情報が提供されます。デロイト トーマツ グループでは、かかる入手情報及び周辺情報等を含む様々な判断材料をクライアントとともに綿密に検討することにより、入札手続で必要とされる予備的提案書や最終提案書、および/または基本合意書や各種最終契約書等に記載・規定するべき価格条件その他取引条件の検討をはじめ、各種入札提案書・契約書のドラフト作成またはレビュー、社内意思決定に必要な各種準備・調整、売主との入札手続内容や契約締結に係る交渉・調整等の多岐にわたりご支援します。