サービス

自社の強みと業界分析(セルサイド)

ノンコアと位置付けられた事業について、その事業戦略、強みと保有リソース、および将来の事業計画が、企業全体の戦略や業界全体のトレンドと合致しているかどうか、また「売り」がある事業となっているかを分析します。特に事業計画については、過去・現在・将来の数値が一貫性のあるものになっているかどうかを分析します。そのうえで、ノンコア事業から撤退した場合に競合企業、業界全体に与える影響を分析します。

売却対象事業の売却合理性を明確化するために

事業の業績の好調・不調に関わらず、ノンコアと位置付けられた事業については、売却を含めどういう戦略オプションが考えられるかを常に検討し続ける必要があります。戦略オプションの検討を行うためには、改めて対象事業の属する業界全体および対象事業の内容について、深い分析にもとづき理解しておくことが不可欠となります。

 

ノンコアと位置付けられた事業について、その強み(保有リソースなど)と課題を分析し、それらが企業全体の戦略や過去実績、業界全体のトレンドと比較して優位性があるかどうか、また当該事業が「今、売るべき」事業であるか否かの分析の支援を行います。場合によっては、今は売却するタイミングではない、そもそも売却しない方が良い、といった検討の支援も行います。その上で、ノンコア事業から撤退した際に競合企業、業界全体に与える影響を分析します。

 

デロイト トーマツ グループでは、インダストリーの専門家により、それぞれ業界に合わせた深い分析・アドバイスを提供します。また、多くの売却案件支援の経験を有し、「売れる」案件・「売れない」案件の特徴を掴んだM&Aの専門家により、それらの経験に基づいて、現実的かつ効果的なアドバイスを提供することが可能です。