サービス

詳細な事業分離計画書(セルサイド)

事業分離に伴うディールのクロージングを成功させるためには、事業分離後のオペレーションまでを見据えた詳細な事前計画が必要です。

関連コンテンツ

事業分離を伴うディールのクロージングを成功させるために、最終契約締結前には売り手・買い手双方の開示情報が限定的であるため、具体性・妥当性が高い分離計画の策定は困難ですが、これをクロージングに向けて精査し、大幅にレベルアップする必要があります。

事業分離でのスタンドアローンイシューとなる論点、例えば、事業分離後の資産・負債を当事者間でどのように帰属させるか、ITやオペレーションといった間接部門をどのように運営するかといった項目を詳細に検討しておくことが重要です。また従業員について、必要な移管人員数と人件費見積もり、転籍・出向等の移管スキーム、更には事業上重要なキーマンの所属なども大きな論点となります。

そのうえで、詳細な適用範囲、メリット・コスト、主要なマイルストーンやリスクといった論点を買い手・売り手、の両者の観点から検討し、事業分離計画書を作成します。この事業分離計画書の設計内容によっては、M&A取引自体の成否を決めかねない非常に重要な作業となります。 

デロイト トーマツ グループでは、各業界の実務経験や知見、過去の事業分離案件で培った経験を活かし、クロージング以降の効率的な運営を可能にする事業分離計画書の作成 を支援します。