サービス

売却・カーブアウトの詳細デザイン(セルサイド)

売却・カーブアウトにあたっては、各ファンクションの分離に係る詳細な計画書を作成する必要があります。また、買い手候補に対してどの事業が売却・分離され、Day1およびスタンド・アローンの状態にてオペレーションがいかに遂行されるかを明確に提示することが重要です。

関連コンテンツ

計画書では、売却予定の事業の各ファンクションについて、現在どのように組織されているか、売却後Day1にはどのように運営されていくか、完全にスタンド・アローンとなった場合にどのようにオペレーションされるかを示します。また、売却先に転籍する従業員の特定・移管に際し、売り手によってどのサービスを提供するか、組織あるいは機能の面においてDay1にスキルのギャップがある分野の特定もします。

更にカーブアウト実行時の課税関係やその後のTAXプランニングにも配慮する必要があり、事業面のみならず税務専門家の関与も必要となります。

デロイト トーマツ グループは、クライアントとともにインタビュー、ワークショップ、各種分析によって以下の項目を分析します。分離される業務のオーバービュー、ワークストリームごとの切り出し範囲の定義、ワークストリームごとの現状/Day1/統合後における人材、プロセス、資産と負債、契約およびシステム関連の予想、各フェーズ間のギャップ分析、ワークストリームごとのTSA/LTA要件、TSA/LTAに係るコスト、租税コストそして事業分離コスト。