サービス

事業ポートフォリオ戦略の立案(バイサイド)

競争環境の激化に伴い、企業は経営資源を成長や競争優位の確保が期待できる分野に集中することを求められています。事業ポートフォリオ戦略を立案する際には、企業が自社の事業を客観的に評価し、コア領域とノンコア領域を見極め、コア領域に経営資源を集中投下する決断ができるかが重要になります。

M&Aを活用して集中と選択をより進めるために

近年、競争環境のグローバル化、規制緩和、製品ライフサイクルの短縮化等の外部環境変化に伴い、これまで以上に厳しい競争環境下での経営の舵取りが必要な企業が増加しています。また、人口減少に伴い今後国内市場の縮小は避けられず、日本企業にとってグローバル市場での成長は避けて通れない道となっています。そのため、企業は自社の限られた経営リソースをより成長が期待できる事業や競争優位を確保できる事業に集中し、それとは異なる事業は撤退や切り離しを行うことが求められています。

「事業ポートフォリオ戦略の立案」では、企業が、自社の事業を客観的に評価し、コア領域とノンコア領域を見極め、コア領域に経営資源を集中投下し、ノンコア領域を思い切って切り離すことを決断するための支援を行います。

デロイト トーマツ グループは、高い専門性を持ったM&Aコンサルタントとインダストリーの専門家を擁し、企業特有の事業環境を考慮しながら客観的に事業を評価し、事業ポートフォリオの組み換えにおける企業の意思決定を支援することが可能です。また、経営資源を集中投入する事業の強化や、成長が期待できない領域の切り離し等を通じた成長には、M&Aや提携・再編手法の活用は欠かせません。デロイト トーマツは、多くのM&Aの専門家を有しているため、事業ポートフォリオの更なる強化策の検討についても、これまでの豊富な経験を基にその選択肢についてアドバイスを提供することが可能です。