サービス

データルーム開設準備(セルサイド)

第一次入札に通過した買い手候補は、新たに開示される情報をもとにデューデリジェンスを行います。ここで、一般に、開示される資料にアクセスできる場所を制限するよう、情報開示にあたってはデータルームが利用されます。

関連コンテンツ

第一次入札に通過した買い手候補は、新たに開示される情報をもとにデューデリジェンスを行います。デューデリジェンスにあたり、売り手は対象会社に関する大量の機密情報を開示し、また買い手候補はアドバイザーを含め多数のメンバーが当該機密情報に触れることとなります。そのため、開示する情報の機密性の観点から、売り手は開示する資料の範囲や開示対象先をコントロールする必要があります。ここで、開示される資料にアクセスできる場所を制限するよう、情報開示にあたってはデータルームが利用されます。

データルームにはいわゆるフィジカル・データルームとバーチャル・データルームがあり、開示資料の範囲・性質や開示対象先に応じて各データルームが利用されることとなります。買い手は、フィジカル・データルームでは物理的なデータルームに設置されたハードコピーを閲覧し、バーチャル・データルームでは、ウェブ上の領域で電子化された資料を閲覧受領することとなります。そのため、入札時において多数の買い手候補が存在する場合や、クロスボーダーの案件で地理的要因により物理的なアクセスが難しい場合、更に買い手候補の閲覧状況をリアルタイムで把握したり、ファイルのダウンロードや印刷の可否を個別に設定するニーズが高い場合には、バーチャル・データルームを利用するメリットが大きいと考えられます。

デロイト トーマツ グループでは、豊富なM&A実行支援の実績に基づき、安全で適切なデータルームの開設・運営や利用マニュアルの策定、またデータルームを通じた日々の情報授受を支援をします。