サービス

Day1プランニング(セルサイド)

セルサイドのDay1プランニングとは、クロージング条件を充足させクロージングを無事迎えることと、Day1後の事業・業務の継続性を担保することの2つの目的があります。

関連コンテンツ

事業譲渡や会社分割のようなカーブアウトを伴うM&AのDAY1プランニングは、独立企業の株式譲渡において発生する論点やクロージング条件の充足という最低限のタスクがあります。それに加え、Day1を境として、不足機能の分担・構築や各種ステークホルダーとのコミュニケーション及び新たな契約関係構築等が発生するケースが多い為、売り手・買い手が一体となった詳細な移行計画を策定する必要があります。

 

とりわけ、顧客、取引先、従業員に対しては綿密なステークホルダー・マネジメントが必要となります。顧客・取引先は、M&Aで今後の取引関係に対する有形無形の影響が生じる事を強く懸念します。各種手続きを説明する事をはじめ、Day1後の経営方針・取引姿勢を明確にコミュニケーションし、懸念を払拭する必要があります。また、従業員についてもM&Aに伴う影響を丁寧にコミュニケーションし、離職等の影響を防ぐ対応が必要となります。

 

この様なDay1プランニングは、クロージングの延期や不成立、対象会社・事業の価値低下といったリスクを回避し、クロージングを確実に達成するという観点から売り手にとって必要なものです。また、売却後に売り手と対象会社・事業との取引継続が見込まれる場合には、自社への影響を最小化し、円滑なトランジションを実現する観点からも重要と考えられます。

 

また、独禁法クリアランス等、クリティカルなテーマについては、スケジュール上に「移行判定」ポイントを設定して充足必須の条件を定義し、判定においてNGとなった場合のコンティンジェンシー・プランも予め用意する必要があります。

 

デロイト トーマツ グループでは、各業界の実務経験や知見を活かし、事業売却におけるクロージング条件の充足と円滑なトランジションを担保するDay1プランニングを支援します。