サービス

ESGデューデリジェンス(ESGDD)サービス

M&Aのライフサイクル(MALC)において、持続可能な企業活動を支援

2021年3月、自らのバリューチェーンにおける人権および環境に関するデューデリジェンスを実施することを企業に義務づけるためのレポートが、欧州議会にて採択されました。また、日本においても改訂版「コーポレートガバナンス・コード」にて、従業員の労働環境への配慮や人権の尊重はもとより、多様性の確保に向けた女性や外国人の管理職への登用について数値目標を設定・開示することが求められることとなりました。さらに2022年4月の東証市場区分再編で最上位となる「プライム市場」に属する企業については、取締役会の構成メンバーの3分の1以上に様々な経験を有する社外取締役を選任するほか、気候変動問題に伴うリスクや事業への影響の情報開示を、質・量ともに国際的枠組みに準じたものにするなど、これまで以上に非財務情報の開示やサステナビリティ経営の一層の推進が求められることとなります。

MALCにおけるESG観点からリスクと機会の評価

デロイト トーマツが提供するESGDDは、MALCにおける「M&A取引準備」と「デューデリジェンス+M&A取引実行」のプロセスのなかで、ESG観点からリスクと機会の評価を行います。従来の財務・税務・法務・人事・ビジネスデューデリジェンスなどと有機的に組み合わせ、デロイト トーマツ グループのサステナビリティ、財務、法務、税務、人事などの専門家の協働体制のもと、財務価値・非財務価値双方を考慮した総合的なディール・サービスを提供します。

※クリックまたはタップして拡大表示できます

ESGデューデリジェンスの概要

ESGDDは、調査対象会社の環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)に係る経営環境(外部環境)と事業運営(内部環境)をリスクと機会の観点から調査、分析を行うことで、事業モデルの強みと課題を把握していきます。

1) デスクトップ調査:

デロイト トーマツでは、SASB(Sustainability Accounting Standards Board *1)が11セクター77業種のごとに財務インパクトが高いと分類・特定しているセクターごとの重要度の高さを反映させた、オリジナルの「ESGチェックリスト」を策定しています。本フレームワークをもとに、対象会社のESG経営度を開示情報および提供された資料を調査・分析し、ESG取り組み状況を把握していきます

*1:米サステナビリティ会計基準審査会。カリフォルニアに拠点を置くNPO団体で、企業と投資家の間においてサステナビリティに関し適切なコミュニケーションを構築していくことを目的に設立された。2018年11月、Materiality Mapとして77業種についてESGの観点から開示すべき基準を公表しており、様々なESGインデックスの基準とされている。2021年6月に国際統合報告評議会(IIRC)と合併し、現在はValue Reporting Foundation(VRF)となっている。

 

2) ヒアリング調査:

デスクトップ調査で把握できない事項や識別したリスクや機会に係る現状の取り組み状況に関して、主管部署や統括責任者にヒアリングを実施します。さらに識別されたリスクに関しては、発生原因や是正措置状況を確認し、ESGに係る価値やリスク、統制環境を評価します。

 

3) ESGDD結果報告:

デスクトップおよびヒアリング調査から移行リスク・物理的リスクなどに対するマネジメント体制や違反件数等のパフォーマンスを分析、ESG経営に係るリスクを評価し、改善提案を含めた報告書を作成します。

※クリックまたはタップして拡大表示できます

ESGDDの結果をもとに、契約・条項検討の際の特約条項でのヘッジや、PMI準備におけるポストディールにおける再編・ポートフォリオ最適化・バリューアップ機会、モニタリング等の提言を行います。

プロフェッショナル

野田 敦/Atsushi Noda

野田 敦/Atsushi Noda

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー パートナー

ESG & Climate Office統括 日系・外資系事業会社勤務後、2000年に監査法人トーマツ(現・有限責任監査法人トーマツ)に入社し、国内およびクロスボーダー案件のデューデリジェンス、企業および事業・無形資産の価値算定業務、企業再生支援業務に携わる。 また、2005年から2007年までデロイト トウシュ トーマツ ニューヨーク事務所、2008年から2010年まで同ロンドン事務所に出向し、... さらに見る

長山 聡祐/Sosuke Nagayama

長山 聡祐/Sosuke Nagayama

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー パートナー

産業機械・建築/エネルギー統括 2008年にデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に入社。 製造業・IT・コンシューマビジネス等を含む様々な業界で、インバウンド・アウトバウンドを問わず多数のクロスボーダー案件に従事。また、デューデリジェンス以外にも、PMIや再生案件、IFRS導入等様々な業務に幅広く携わった経験を有している。 2021年よりESG アドバイザリーを兼務。ESGや... さらに見る