サービス

資金調達支援(バイサイド)

投資案件の実行は多額の資金投与を伴うケースが通常であり、したがって資金調達はM&Aの実行に不可欠な重要検討項目です。買主であるクライアントの資産状況を踏まえ、最も適切と思われる資金調達方法を検討し、その実施に向けて資金調達先を含む内外の関係者との調整、資金提供コミットメントの取得及び実施に至るまで、調達主体であり買主であるクライアントを支援します。

関連コンテンツ

最善の資金調達方法を実現するために

投資案件の実行は多額の資金投与を伴うケースが通常であり、当該資金の調達方法は、時として買主の財務状況に多大な影響を与えます。

したがって、かかる資金調達方法をどのようにするかは、ある程度以上の規模のM&Aの実行においては、不可避な重要検討項目と言えます。買主であるお客様の資産状況を踏まえ、具体的には、下記に例示するような諸要素を念頭に、最も適切と思われる資金調達方法を検討することになります。

(1)各種資金に係る調達環境の把握: 資金調達予定時点において想定される各種調達手段を比較検討

(2)資金調達予定時における買主であるお客様の財務状況: 手元流動性にどの程度の余裕があるのか、株式の新規発行・および/または社債・銀行借入等の各種調達余力がどの程度あるのかを検討

(3)当該資金調達がお客様の各種ステークホルダーに与える影響: 当該資金調達が本件投資利回り・投資回収期間に与える影響をはじめ、財務体力・信用格付等に与える影響、一株あたり利益(EPS)の増減等につき、クライアントにおける各種ステークホルダーの具体的な状況を踏まえ検討

 

これらを勘案し、最適な資金調達方法を決定し、当該調達の実施に向けて調達先候補との協議・交渉等を実施していくこととなります。特に、外部金融機関等からの借入を原資に投資を実行する場合には、売主からは、資金調達先からの資金調達実施目処が分かるようなコミットメントレター等を入札の時点で提出するよう要求されるケースもあります。

デロイト トーマツ グループでは、資金の出し手である銀行や証券会社、主要株主を含む内外の各種投資家に対する借入依頼手続を進め、各者間の競争環境を醸成することにより、当該関係者からの競争力のある資金提供コミットメントを期限内に取得および実施できるよう、支援します。