サービス

iDeal:
デューデリジェンス、交渉からポストディールまでを支援するデータ・アナリティクス

より的確な質問から、より的確な回答を生み出す

M&Aの意思決定は、データによって左右されます。これまでは、ポストディールの移行ステージで問題が生じ身動きが取れなくなるまで、数字の裏にどのようなリスクが隠れていたかを見抜けなかったことがあったかもしれません。しかし今は、M&Aデータ・アナリティクスがあります。iDealを使用すれば、M&Aディールでの厳しい時間的制約の中においても、データを深く掘り下げてデータの背後に潜むリスクを見つけ出し、さらには対策を講じる時間を確保することが可能になります。

iDealの特徴

多くの点においてM&Aデータ・アナリティクスとは、M&Aライフサイクル全体を通じてより的確な問いを立て、それに的確に回答することであるといえます。iDealを使用すると、以下のような問いに答えることが可能になります。
 

デューデリジェンス
  • この会社の成長の源泉は何であったか。(具体的なクライアントセグメント、製品、市場など)
  • この会社はどのようにクライアント基盤を維持しているか。
  • 利益動向は、特定の製品、地域、クライアントによって、どこで悪影響を受けているか。
     
交渉
  • 買収契約書に反映される判断に、どのようなインパクトがあると予想されるか。
  • このディールを進める中でどのようなリスクに遭遇する可能性があるか。(オペレーションリスク、重要な人材、在庫管理ユニット、製品ライン、地域など)
  • どの社員を競合避止義務の対象とするべきか。
     
ディール成立後
  • コスト削減または収益向上をできるだけ早く達成するためには、どのクライアントまたはサプライヤーとの交渉を検討するべきか。
  • オーナーの変更にクライアントはどのように反応しているか。 その結果として、自社のリスクプロファイルは変化したか。
  • ディール成立後にビジネスに生じる変化は、どのような結果をもたらすと予想されるか。

 

iDeal活用によるメリット

iDealは、十分詳細な情報をもって大局的なインサイトを提供します。クライアントが分析作業全体にわたってiDealを最大限活用できるように支援します。

• 戦略
• 実施
• 分析と意思決定
• 統合
• シナジー効果利益の追求

iDealは、厳しい時間的制約の中においても形勢を逆転させるようなメリットを生み出せるようにつくられました。クライアントからは、主に以下の点で高い評価を受けています。

より早く結果に到達できる ― M&Aでは、意思決定に間に合うタイミングでインサイトを得られれば、その有用性はさらに高まります。M&Aデータ・アナリティクスは、直観的なインターフェースと、リアルタイムに近い速さでインサイトを提供することにより、インサイトの獲得と活用を容易にします。

データの価値を高める ― 昨今、重大な局面や意思決定の場面では、M&A向けのデータ・アナリティクスから得られた数多くのインサイトが活用されています。しかし、そうした場面で使用されるデータの価値は、他の情報源から得たデータと組み合せることで、ライフサイクルの他のステージ(たとえば、統合時や統合後)においても重要な影響力をもつことがあります。

より深く掘り下げる ― 多くの場合、表面上のデータだけでは、幅広い展望や奥底に潜むリスクは分かりません。しかし、iDealを使用するM&Aリーダーは、ミクロレベルの情報を分析し、それらを相関させてマクロレベルの意思決定を導き出すことができます。そのため数字の背後に隠れたリスクを明らかにすることが容易になります。

株式譲渡契約書(SPA)作成プロセスを迅速化する ― 多くの場合、SPAを締結するプロセスは、多忙な関係者に契約締結作業を競わせるのが一般的です。これは非効率的で時間が掛かるプロセスであり、時間が足りないときは問題になることがあります。M&Aアナリティクスは、データ量が多くなっても分析をスムーズに進めることができ、分析結果をより効率的かつ効果的な方法で展開します。データ・アナリティクスが迅速化されるだけでなく、その的確さも向上します。