サービス

減損テストのための評価支援(バイサイド)

現行の財務会計においては、国際財務報告基準(IFRS)、日本基準、米国会計基準のどの会計基準においても、のれん、無形資産、有形固定資産、金融資産、関連会社投資、売却目的で保有する非流動資産等の資産に対して、減損テストが求められています。

関連コンテンツ

減損テストを実施した結果、対象資産の収益性が低下し、投資額の回収が見込めなくなった場合には、減損損失を認識しなければなりません。仮にのれんや非償却性無形資産等について減損処理が必要となった場合、業績の悪化と併せて、会社の業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。またIFRS、日本基準、米国会計基準のそれぞれで異なるアプローチにより減損テストが行われます。

従って、減損テストを行うにあたっては、周到な準備や慎重な対応が求められます。こうした対応には高度な専門性や判断が必要となることもあり、減損会計に通じたバリュエーションの外部専門家を活用するケースが増加しています。

デロイト トーマツ グループでは、減損テストを目的としたバリュエーションの豊富な知識と経験を持つ専門家チームが、多様な局面でクライアントを支援します。