入札前アドバイザリー/初期的デューデリジェンス(バイ)

サービス

入札前アドバイザリー/初期的デューデリジェンス(バイサイド)

M&A取引準備として、買収対象企業の選定から初期的なデューデリジェンスやシナジー分析など、買い手に対する総合的なアドバイザリーサービスを提供します。

関連コンテンツ

入札前のフェーズにおいては、対象会社へのコンタクト前後で得られる情報が異なります。

対象会社へのコンタクト前の段階では、公開情報を使用し、潜在的なディールブレーカーやその他の懸念事項がないか確認することが必要です。公開情報や業界の情報に基づいた買収候補先に関する情報収集を行うこととなりますが、この分析はあくまで初期的なものであり、マクロ的要素も含め公開情報で分析することが重要です。

対象会社へのタッピング後は、初期的な情報開示を受け、受領した資料をもとにした初期的デューデリジェンスが実施されます。一般には、株主や従業員、事業等に関する会社概要分析、また各種指標を分析する財務分析等が実施されます。案件を進めていくための判断材料として、また、次のステップである詳細デューデリジェンスのスコープや手続きを検討するための重要なステップでもあります。

デロイト トーマツ グループでは、対象企業の財務および税務情報レビュー、対象会社の事業計画レビューや事業計画そのものの策定支援、市場環境や規制の分析・評価、クライアントの案件遂行に先だつ懸念事項の洗い出し等の支援を行います。また相手企業へのアプローチの支援を行います。