サービス

統合計画の導入(バイサイド)

スムースな統合の先にある将来の絵姿(vision)の実現に向けて、不可欠な変革(change)をもたらす施策を実行するためには何が必要でしょうか。

関連コンテンツ

「統合計画の導入」では、将来の絵姿(vision)の実現に向けて必要な変革(change)をもたらす施策を実行します。施策実行において考慮すべき要諦として、大きく「実行体制の構築」と「実行過程のモニタリング」の二点が挙げられます。

 

実行体制の構築

計画を遂行するにあたり、双方の会社から実行支援体制に適切なリソースを充てられるかが、その後の施策実行の成否を握ります。統合実務担当者に求められる要件として、自社と相手先の事業を理解していることが挙げられます。また、実行の過程において、従来の仕組み(プロセス・ITなど)を大きく変えることが要求されるため、担当者には権限を与える必要があります。

 

実行過程のモニタリング

計画と実績の乖離に常に目を光らせ、進捗未達のリスクが見込まれる際にはリスクを回避・低減するための打つ手を早急に講じることが肝要です。M&A案件の大型化に伴いモニタリングの対象範囲も広がり、複雑さも増しているなか、モニタリングの仕組みをある程度システム化することも必要になってきています。

 

デロイト トーマツ グループは、クロスボーダーを含む数多くのM&A案件をご支援してきた経験に基づく方法論、PMIおよび業界に知見のある専門家、グローバルネットワークを最大限に活用し、統合計画を実行するための体制とモニタリングの構築をご支援します。