サービス

統合フェーズ(バイサイド)

Day 1(統合日)は、新しい組織の開始日であり、統合した組織と業務プロセスの実施作業を開始します。また、企業の成長においてはDay 1がゴールではありません。絶えず成長と革新を続けるための第一歩を踏み出す日でもあります。

統合計画の導入

スムースな統合の先にある将来の絵姿(vision)の実現に向けて、不可欠な変革(change)をもたらす施策を実行するためには何が必要でしょうか。

「統合計画の導入」では、将来の絵姿(vision)の実現に向けて必要な変革(change)をもたらす施策を実行します。施策実行において考慮すべき要諦として、大きく「実行体制の構築」と「実行過程のモニタリング」の二点が挙げられます。

 

>> 統合計画の導入(バイサイド) 

シナジー効果実現およびレポーティング

M&Aを成功させるには、単に「施策をやった、やらなかった」だけでなく、「どの程度やったか、実現できたか」を計測できるようなモニタリングプロセスを仕組み化しておくことが重要です。

 

>> シナジー効果実現および報告(バイサイド) 

組織全般の設計と導入

M&A後の新グループの組織・人員配置の設計にあたっては、戦略・シナジーとの整合性、および顧客等に迷惑をかけない安定性という2つの観点が重要です。主導権争いや個人の思惑にとらわれず、統合後のビジョンや戦略に基づくあるべき組織を立案したうえで、それに合ったポスト・人員配置をトップダウンで検討する事が重要です。デロイト トーマツ グループは最適な組織設計を支援します。

 

>> 組織全般の設計と導入(バイサイド) 

顧客・製品・成長戦略の統合

顧客・製品・成長戦略の統合において重要なことは、M&A・経営統合時に発生する統合当事者間の顧客製品の重複をいかに合理化して、最適なポートフォリオに移行していくか、および両社にて異なる各種戦略をいかに整合性のあるものとして統合していくかを、市場における競争力向上、顧客に対する価値増大の観点から検討を進め、最適解を導き出すことをご支援するものです。

 

>> 顧客・製品・成長戦略の統合(バイサイド) 

サプライチェーン、製造、R&Dの最適化

サプライチェーン、製造、R&Dを最適化するためには、市場における競争力向上およびコストシナジーの最大化、資産効率の最大化の観点から検討を進め、最適解を導き出すことが重要です。

 

>> サプライチェーン、製造、R&Dの最適化(バイサイド) 

社内インフラ整備(HR, IT, Finance, Tax, SS)

早期に統合を実現し、M&Aを成功に導くためには、業務や組織の枠を越えて統合効果を得るための活動を計画、推進していくことが必要不可欠となります。

単なる統合に終わらせないための、統合を「機会」と捉えたチャレンジが求められます 。

 

>> 社内インフラ整備(HR, IT, Finance, Tax, SS)(バイサイド) 

企業社風の評価と組織変更

円滑な統合には、変革阻害要因の払拭と新社として一体感の醸成が不可欠です。統合後の成長に大きな影響を及ぼす両社社員の融和を実現するため、行動指針を定義・浸透させ、各種風土融合のための施策の企画・実施、効果測定を行います。

 

>> 企業社風の評価と組織変更(バイサイド) 

100日(統合)プラン

「100日(統合)プラン」では、将来の絵姿(vision)に対する現状(as-is)とのギャップを洗い出し、統合初日(Day1)から100日(四半期)にかけて達成すべきマイルストーンを設定します。検討領域としては、戦略、ガバナンス、組織、業務プロセスなどが挙げられますが、それぞれの領域において優先度を鑑みた上で、その達成に向けて施策(アクションプラン)を策定します。

 

>> 100日(統合)プラン(バイサイド) 

M&Aに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

M&A:トップページ