サービス

JV・業務提携の検討支援(バイサイド)

企業の成長実現のために外部の経営リソースを活用する手段は買収に限らずJVや資本提携、業務提携等、多岐にわたるため、目的に応じた最適スキームを選択する必要があります。そのためには、目指すゴール、相手、効果を最大化させる手段を見極める必要があります。

外部の経営リソースを最大限活用するために

企業の成長実現のために外部の経営リソースを活用する手段は、M&Aにとどまりません。JV(Joint Venture)の設立や資本提携、業務提携、再編など、様々なスキームが存在するため、目的に応じて最適なスキームを選択する必要があります。そもそも「何を目指すのか(ゴール)」、「どんな相手と組むのか(ターゲット)」といった観点に加え、「目的実現のためにはどのようなスキームを選択することが、投下資本に対するリターンが最大化するのか」を見極める必要があります。

「JV・業務提携の検討支援」では、外部の経営リソース活用の手段として、買収以外のオプションとの比較検討を支援します。それぞれのオプションについて、定性・定量面から評価を行い、それぞれのメリット・デメリットを洗い出し、最も目的の達成に資する(かつデメリットが少ない)戦略オプションが何であるかについて、企業の検討を支援します。

デロイト トーマツ グループは、あくまで客観的な立場から企業にとってベストのオプションが何であるかにつきアドバイスを行います。場合によっては「買収」以外のオプションを薦めます。インダストリーの専門家の他、各国のデロイトグループの会計士や税理士、M&Aコンサルタント、M&Aアドバイザー等の領域ごとの専門家により、企業の経営目的を実現する提携スキームをビジネス、会計、税務等の観点からグローバルレベルで検討し、最適なスキームを構築するためのアドバイスを提供します。