サービス

M&A準備体制のレビューと構築(バイサイド)

企業の非連続な成長を実現する手段としてM&Aを活用する場合、常にM&Aの機会をうかがい、複数の買収や売却を積極的に実行する必要があります。そのためには、M&Aの準備体制をレビュー・構築し、企業のM&A実行体制や推進スキル、M&Aプロセスの事前準備を行い、また継続的にM&Aを実行するための専門組織の設計や意思決定の仕組みづくり、あるべきM&AプロセスやPMIプロセスの設計が不可欠です。

M&Aを1度きりの大戦術で終わらせないために

企業の非連続な成長を実現する手段としてM&Aを活用する場合、1度きりの買収を行って終了とするのでは十分とは言えません。常にM&Aの機会をうかがい、必要に応じて複数の買収や売却を積極的に実行することも必要です。その際、M&Aを行うたびに社内に一時的なタスクフォースを組成し、M&A完了後に解散したのでは、せっかく獲得したM&Aのノウハウや経験が蓄積されません。一方、M&Aを通じてグローバルな成長を実現している各業界のリーディングカンパニーは、いずれもM&Aの専門知識や経験を有するチームを常設組織とし、ノウハウの蓄積を仕組み化するとともに、次なるM&Aを実行する準備を常に整えています。

「M&A準備体制のレビューと構築」では、企業が有するM&Aの実行体制や推進スキル、実際にM&Aを遂行する際のM&Aプロセスの事前準備を行います。また、継続的にM&Aを実行するための専門組織の設計や意思決定の仕組みづくり、あるべきM&AプロセスやPMIプロセスの設計を支援します。

デロイト トーマツ グループは、継続的にM&Aを実施し成長している企業と停滞している企業の差異がどこにあるのかを過去の数多くのM&A事例を通じて蓄積しています。また業界・企業の内部を熟知したインダストリーの専門家により、どのようなM&Aスタイルがその企業に適しているか、個々の企業の状況に合わせてアドバイスを行うことが可能です。