サービス

M&A戦略(バイサイド)

買収を考える前にまず成長戦略をたてる必要があります。すなわち、事業単位とその組織目標を特定し、それらがM&Aで達成できるかどうかを判定することになります。それは市場における事業機会を捉えて、買収と事業戦略を結びつけ、企業文化とそれを促進するビジネスモデルを構築することです。

事業ポートフォリオ戦略の立案

競争環境の激化に伴い、企業は経営資源を、成長や競争優位の確保が期待できる分野に集中することを求められています。「事業ポートフォリオ戦略の立案」では、企業が自社の事業を客観的に評価し、コア領域とノンコア領域を見極め、コア領域に経営資源を集中投下し、ノンコア領域を思い切って切り離すことを決断するための支援を行います。

>>事業ポートフォリオ戦略の立案(バイサイド)

M&A準備体制のレビューと構築

企業の非連続な成長を実現する手段としてM&Aを活用する場合、常にM&Aの機会をうかがい、複数の買収や売却を積極的に実行する必要があります。「M&A準備体制のレビューと構築」では、デロイト トーマツ グループの過去の蓄積を活かして企業のM&A実行体制や推進スキル、M&Aプロセスの事前準備を行います。また、継続的にM&Aを実行するための専門組織の設計や意思決定の仕組みづくり、あるべきM&AプロセスやPMIプロセスの設計を支援します。

 

>> M&A準備体制のレビューと構築(バイサイド)

M&A戦略の構築:自社の強みと業界分析

M&Aを実施する目的を洗練することは、M&Aを成功させる上で最も重要な要素の1つです。「M&A戦略の構築」では、市場環境や競合状況といった外部環境と、自社内部における強みを分析したうえで、企業が最終的に目指すゴールから、外部より獲得が必要な経営リソース・機能等、M&Aを通じて実現したい目標を明確化し、M&Aによる獲得の検討を支援します。 

 

>> M&A戦略の構築:自社の強みと業界分析(バイサイド)

JV・業務提携の検討支援

企業の成長実現のために外部の経営リソースを活用する手段は買収に限らずJVや資本提携、業務提携等、多岐にわたるため、目的に応じた最適スキームを選択する必要があります。そのためには、目指すゴール、相手、効果を最大化させる手段を見極める必要があります。「JV・業務提携の検討支援」では、デロイト トーマツ グループが有する過去の蓄積と知見に基づき、目的の達成に資するベストな戦略オプションの選択についての検討を支援します。

 

>> JV・業務提携の検討支援(バイサイド)

税務M&A戦略

M&A戦略策定に際し、実行可能性や取引後のキャッシュフローに重要な影響を与える各関係当事者の課税関係の分析や組織再編税制の観点からのアドバイスを提供します。また、買収・統合後の買収・統合事業を中心とした組織再編や連結納税制度の導入といった税務戦略を見据えた総合的な税務サービスを提供します。

 

>> 税務M&A戦略(バイサイド)

買収対象企業のリストアップ

M&A戦略の次の課題は買収ターゲットの選定ですが、そのためには買収目的に合致するターゲットを探し出すことのほかに、「予算内で買収できるか」、「ターゲットが買収提案に応じるか」という観点での分析も必要となります。「買収対象企業のリストアップ」では、デロイト トーマツ グループの有する情報ソースや業界知見により、ターゲット洗い出しと分析に必要な情報収集、および多面的な視点での分析を通じたターゲット選定を支援します。

 

>> 買収対象企業のリストアップ(バイサイド) 

意思決定支援

企業戦略において、成長とリスク管理の両面から投資意思決定の重要性が増す一方、各種利害関係者の要求に的確に答える事が求められています。その中で「限りある資本をいかに効率的に配分すべきか?」という問題がより注目を集めています。
 

>> 意思決定支援(バイサイド)

M&Aに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

M&A:トップページ