サービス

事業売却前の利益改善分析(セルサイド)

事業売却に際しては、会社(事業)の売却価格を最大化させるため、売上の増加、コスト削減、比較的少ないコストで素早い成果をあげられるよう現在の業務プロセスの修正、及び資産の更なる活用等にフォーカスすることが重要になります。

関連コンテンツ

事業の売却に際しては、利益改善(売上・費用改善)の余地がある分野の特定及び財務的なパフォーマンスを向上させる各戦略の策定と実施が必要です。

会社(事業)の売却価格を最大化させる為、売上の増加、コスト削減、比較的少ないコストで素早い成果(Quick Win)をあげられるよう現在の業務プロセスの修正、および資産の更なる活用等にフォーカスすることが重要になります。

 

デロイト トーマツ グループでは、クライアントとともに事業売却前の利益改善分析を支援します。具体的には、利益改善(売上・費用改善)余地がある領域の発見、利益改善戦略のインパクトの定量化、コストコントロールや利益最大化のための戦略策定、前述戦略の導入と従業員の合意形成、戦略変更によるインパクトのレビューおよび評価と事業の変化に応じた戦略の更新、業界や競合のパフォーマンスをベンチマークとして更なる利益改善が可能な領域の特定等を実施します。