サービス

事業売却価値の最大化(セルサイド)

売り手として事業売却価値を最大化するには、売却対象会社・事業の財務的な改善施策を特定・数値化し、売却価値を最大化するための導入を行うことが重要となります。

関連コンテンツ

事業売却に先立ち、買い手の属性に関わらず対象となる事業のポテンシャルを把握することは売り手にとって売却価値を最大化させる手助けをします。また、一般に買い手にとっても事業の売却後における将来的なポテンシャルの理解、シナジーの検討等に役立ちます。

 

具体的には、まず、売却対象となる事業の短期、中期、長期での価値の最大化を図るために重要となる要素を特定します。必要十分かつ適切な要素を抽出することで、分野や機能ごとに利益およびキャッシュの増大に貢献する数々の改善施策を策定することが可能となります。

次に、上記の改善施策を導入・実施するための詳細な計画書の作成、マイルストーンの設定、施策導入にあたっての体制の策定を行います。また、計画の全体的な進捗管理を目的とした報告用の管理表も作成されます。

その後、計画が準備・実行され、その実績を買い手候補に示すことができます。

 

デロイト トーマツ グループでは、事業価値最大化に向けた改善プランの策定、導入・実行の各フェーズでクライアントをサポートします。