サービス

サプライチェーン、製造、R&Dの最適化(バイサイド)

サプライチェーン、製造、R&Dを最適化するためには、市場における競争力向上およびコストシナジーの最大化、資産効率の最大化の観点から検討を進め、最適解を導き出すことが重要です。

経営統合効果を最大化する為のオペレーション統合

統合効果を創出できない原因の一つとして、オペレーション統合の失敗があります。「見かけ上の統合」は、結果として統合前より競争力を弱めます。

オペレーション統合をスムーズに推進し、シナジー効果を最大化するためには、戦略起点の発想からオペレーション統合を考える必要があります。

その際のアプローチとして、バリューチェーンモデル、サプライチェーンモデル、プロセス・ITのブループリント(青写真)を描き、ロードマップを作成するアプローチをとるべきです。
 

<バリューチェーンモデル分析>

オペレーション統合によりシナジー効果を創出する施策は、幅広い領域に存在し、どの施策を適用していくかが非常に重要になります。本サービスは第一に戦略実行する最善のバリューチェーンとは何かをモデル(ブループリント)化します。
 

<サプライチェーンモデル分析>

次にサプライチェーンの統合仮説(ブループリント)を策定します。その仮説に基づきコスト、コスト構造、リードタイム(サービスレベル)、資産効率といった指標を使用し、シミュレーションすることで定量効果を試算します。
 

<プロセス・IT分析>

その後、サプライチェーンを支える業務プロセス・ITのブループリントを描きます。
 

<ロードマップ作成>

以上3つのブループリントに基づき、統合施策を導出します。インパクトと推進難易度から施策マトリックスを作成し、推進優先順位を決定します。その際は施策間の相互関係と競合に対する優位性を考慮してインパクトを決定し、外部リソースの必要性有無を考慮して、難易度を設定します。

そのマトリックスに基づき、施策をいつ実行し、マイルストン毎にどのような状態目標を目指すかロードマップを描き、実行に移すためにご支援します。