サービス

トランザクションモデリング(セルサイド)

予想財務モデルは、企業の戦略的意思決定やM&A等さまざまな目的で作成・利用されており、M&Aの意思決定支援のためのツールとしてモデルの重要性が増しています。

関連コンテンツ

「予測財務モデル」(以下「モデル」)とは、「さまざまな財務分析の結果を表計算ソフト上で体系化した模型」を指し、企業の戦略的意思決定やM&A等さまざまな目的で作成・利用されており、M&Aの意思決定支援のためのツールとしてモデルの重要性が増しています。

一方、モデルが重大な誤謬(エラー)を含んでいるケースも散見され、案件の個別性に対応した堅牢かつ柔軟なモデルを誤謬のリスクを逓減しつつ迅速に構築し、当該モデルに基づくM&Aや戦略的意思決定について十分な検討機会 を確保する事がより重要になってきています。

セルサイドにおいても、ヒストリカルデータと整合性のある、具体的な事業計画案を提示することが必要になる場合があります。また一部持分の売却によるジョイントベンチャーの設立の場合には、セラーとバイヤーの間で、Day1以降の戦略的な方向性、具体的な施策、必要となるリソース、数値目標等について具体的な事業計画案を予測財務モデルとして構築・シェアし十分に議論・合意しておくことは、ジョイントベンチャーを成功に導く重要なポイントの一つとなります。

デロイト トーマツ グループではM&A目的での予測財務モデルに関連して以下のサービスをご提供しております。

 

モデル構築支援サービス

ご指定の仕様および前提条件に基づき、予測財務モデルの新規構築を支援いたします。

 

限定モデルレビュー

既存の予測財務モデルを対象に、モデルの論理的・算術的一貫性、適用される会計基準・税制との整合性等のご指定の観点に限定し、予め合意した作業期間内でレビュー手続を実施し、レビュー結果についてご報告致します。