サービス

売り手としての売却準備支援(セルサイド)

会社(事業)の売却にあたっては、売り手としても入念な売却準備が必要となります。売り手の利益を向上させ、また売却に際しての潜在的な障害を少なくすることを目的として、スタンド・アローン財務情報の準備や売却プロセスの円滑な策定・遂行が必要となります。

関連コンテンツ

M&A取引の基礎となる財務情報を提供する点においては、買い手側の判断の強化にもつながります。特に事業の一部を売却する際には、切り離す領域によって不効率や利害調整の必要が生じるスタンド・アローン問題が生じることもあるため、売り手として事前に課題を把握し、対処を行う売却準備は非常に重要です。

デロイト トーマツ グループでは、売り手の売却準備を一貫して支援します。具体的には、売却対象事業が分離や資本の撤退に適しているかを評価し、切り離しが必要な領域を特定するとともに、最適なカーブアウトプランを策定します。また、カーブアウトする事業のスタンド・アローン財務情報の準備、スタンド・アローン問題の特定と定量的インパクトの分析、売却プロセスにおけるベストプラクティスの情報提供、スケジュール管理等を含め、一貫してサポートします。