ナレッジ

消費増税に関する寄稿記事(英文)

Rate Hike Needs Careful Planning: BCCJ ACUMEN January 2014

消費税率の引上げに伴い、企業には慎重な計画の策定が求められている。(BCCJ ACUMEN January 2014)

消費税率の引上げ、慎重な計画の策定が不可欠必要

消費税引上げは、膨れ上がる日本の公的債務への対応策の一つである。現在、国の借金残高は1,000兆円(約6兆ポンド)を超えている。
• 消費税の「逆進性」への対応の検討
• コンプライアンス業務を外部委託する企業が増加する可能性も
• 政策への信頼維持、正念場に

1989年に物品およびサービスの提供に対する課税として日本で導入された消費税は、欧州の付加価値税(VAT: Value-added tax)に相当するものである。当初3%であった税率は、1995年から現行の 5%に引き上げられた。消費税は、その消費者に与える負担から、政治的に慎重な扱いが求められるとはいえ、日本政府にとっては重要な収入源である。また、消費税の税収は税収全体の20~25%を占め、法人税を上回る税収をもたらしている。
ここ数年、消費税制改革について議論が行われており、消費税率の引上げに向けた準備として、2012年、消費税法の二項目に関して変更が加えられた。「消費税の納税義務者」(税務署への消費税の申告が義務付けられる事業者)の定義の拡大と、消費税の納付税額の計算に関する規定の修正の2点である。
これらの変更は、特定の免除や控除により、企業が、顧客が支払った消費税の一部を政府に納めずに益税とすることへの批判を受けて行われたものである。

⇒ 続きを読む(英文) 

※外部ページにリンクします

お役に立ちましたか?