生産準備

マスカスタマイゼーションの実現に向けて
3Dプリンター活用
の検討が始まっています

3Dプリンターの活用領域(価値創出領域)は多岐にわたり、将来的にはビジネス環境を激変させる技術です

3Dプリンターはバリューチェーンを劇的に変貌させる可能性から注目を集めていますが、日系企業での導入は開発・設計分野での一部用途に限定されており、量産における波及効果が十分に発揮されておりません。将来的に3Dプリンターは製造業のビジネスモデルを大きく変えるテクノロジーであることは間違いありません。個別に金型を製作する必要がなく、個別受注で考えるとコストを低減できる可能性があります。

3Dプリンターによる価値創出フレームワーク

3Dプリンターによる価値創出フレームワーク
3Dプリンターのユースケースは多岐にわたり、ビジネス課題解決の手段として十分に効果を発揮しています

3Dプリンターのユースケースはバリューチェーン上において多岐にわたります。特に近年では設計・開発・試作領域のみならず、カスタマイズ化やアフターマーケット領域での活用事例が多数出現しており、本格的なビジネス展開フェーズに突入していることは明らかです。自社での3Dプリンター活用においてはビジネス課題の特定と、3Dプリンターでの解決を紐づけることが重要であり、単なる技術検証だけで終わらせないことが効果創出のポイントとなります。

バリューチェーンにおける3Dプリンターのユースケース

バリューチェーンにおける3Dプリンターのユースケース
3Dプリンターが創出する経済価値を試算し、ビジネス性を評価・診断することで、本格展開を推進いたします

3Dプリンターの本格展開においては、そのビジネス性・経済価値の証明に躓いているケースが散見されます。そのため、Deloitteでは3Dプリンターの経済性を診断・評価するプログラムを提供し、ユースケースに応じてQCDの観点で定量的にビジネス価値を診断し、3Dプリンターの本格展開を支援しております。

3Dプリンター経済性診断プログラムの全体像

3Dプリンター経済性診断プログラムの全体像

Get In Touch

藤岡 稔大/Toshihiro Fujioka

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

外資系ERPベンダーから、大手コンサルティング会社を経て現職。一貫してSCM、生産管理領域の業務/組織/システム設計に従事。グローバル需給調整プロセス、S&OPの構築プロジェクトの経験が豊富であり、グローバルかつ大規模プロジェクトのマネジメントに強みを持つ。