サービス

品質アナリティクスソリューション(QAS)

製造メーカーを中心に製品品質・安全に対する規制強化への対応、増大するワランティ費用の削減を実現するため、品質問題の早期特定による総品質コストの削減が求められています。デロイト トーマツ グループでは、リコールリスクを検知する品質アナリティクスソリューション(QAS)を活用して市場品質情報を迅速に収集・分析し、早期に問題を検知して開発・製造へフィードバックすることで、バリューチェーン全体の品質強化を支援します。

市場品質問題への対応における課題

多くの製造メーカーで市場へ製品を投入する前段階の開発・製造プロセスにて製品品質の作り込み強化を実施していますが、市場品質問題は少なからず発生しています。開発・製造段階でつぶしたはずの品質問題が市場で再発している場合、その因果関係の調査や再発防止対策に膨大な時間とコストがかかり、必ずしも品質改善効果に繋がる結果を得られていないのが現状です。また、市場品質問題が顕在化してから調査を開始する後手の対応となるケースが多く、最悪の場合はリコールによる製品回収に繋がるなど更なる品質コストの増大を招くリスクを抱えています。

リコール等のリスク回避のため、膨大な市場品質関連データや保証クレーム・整備報告等のテキストデータを分析して、重大な品質問題に繋がる予兆を捉え早期対策に繋げる活動をマニュアルで対応するには限界がある一方、品質管理に注力している企業でも人力による品質問題の早期発見・早期対応を行っており、結果として品質コストが高止まりとなっているケースも多く見受けられます。

これら市場品質問題への対応における課題に対し、デロイト トーマツ グループではビッグデータ解析ツールを活用した品質問題の早期発見により、予防管理へ重点を置いた品質管理活動へシフトするための支援を行っています。

品質アナリティクスソリューション(QAS)

デロイト トーマツ グループの提供する品質アナリティクスソリューション(QAS)は、3つの主要機能から構成されています。

  1. 市場品質情報、社内不具合情報等からなる複数のデータソースから構造化・非構造化データを収集・統合する機能
  2. 各企業の情報管理レベルや品質保証業務要件に基づいた複数の分析手法を組み合わせた分析モデルを構築し、構造化・非構造化データの相関分析を実施することにより潜在的品質問題を検出する機能
  3. アナリティクス分析結果から得られた高優先度の品質問題に対するスコア・警告を表示するダッシュボード機能

品質アナリティクスソリューションを導入することにより、主に3つの品質関連業務の改善効果が期待できます。

  • 従来の品質管理プロセスでは検出できない潜在的品質問題の特定
  • 品質問題の発生から原因調査・分析開始までの期間短縮
  • リコール・サービスキャンペーンを含む品質対応に関する意思決定プロセスの促進

品質アナリティクスソリューションを活用した品質問題予知により、問題が顕在化してリコール等の重大問題に繋がる前段階で潜在的品質問題を事前検出するため、早期の原因調査・分析及び品質対策が開始可能となります。これにより、重大問題となってから市場品質対応する場合と比較して大幅な品質コストの削減が期待できます。

また、品質コストの削減に加え、品質問題の早期対応によるブランド評価・顧客満足度の向上や法規制対応リスクの低減等も期待できます。

デロイトはバリューチェーン全体における品質・安全問題に繋がる潜在的要因をより迅速かつ網羅的に検出するためのアナリティクスソリューションを提供しています

QASパイロットフェーズサービス

品質アナリティクスソリューション(QAS)の本格導入に向けて、デロイト トーマツ グループでは企業の品質保証業務ケイパビリティの評価及びQASのコアソリューションである「プロアクティブ・センシング」の効果検証を6週間でクイックに実施するパイロットフェーズサービスを提供しています。

  1. ケイパビリティ成熟度アセスメント
    デロイトの品質成熟度モデルを活用した品質保証関連業務の現行ケイパビリティを、組織、プロセス、ツール、データの観点からアセスメントを行い、あるべき品質保証業務に向けた改善施策及び改善効果・ロードマップを策定します。
  2. プロアクティブ・センシング
    企業のデータ管理レベルに応じたアナリティクスモデルを構築し、プロアクティブ・センシング分析を実施することにより、(1) 品質問題の早期発見、(2) 潜在的品質問題の検出に関するソリューションの有効性を検証します。

デロイトの強みとして、品質アナリティクスソリューションの導入支援のみならず、並行して品質保証業務のアセスメント実施を通じた業務改革支援を提供しており、業務面・システム面の双方から最大限の改善効果を実現します。

QASの本格導入に向けたパイロットフェーズサービスとして企業の現行品質保証業務ケイパビリティの評価及びプロアクティブ・センシングの効果をクイックに検証いたします

プロフェッショナル

桐井 健之/Takeshi Kirii

桐井 健之/Takeshi Kirii

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

外資系コンサルティングファーム、ソリューションベンダーにおいて、データによる意思決定支援、情報の経営への活用支援に一貫して従事。アナリティクス領域のコンサルテーション、ソリューション導入に20年以上の経験を持つ。適用領域は経営管理から会計、CRM、SCM、R&D、リスク管理と幅広い。現在は製造業を中心にIoT、デジタルトランスフォーメーション、アドバンスドアナリティクスといったテーマでその戦略立案... さらに見る